グループウェアを利用して経費削減するために

グループウェアは多くの企業が利用するシステムとして定着していますが、使用方法によって業務効率も大きく異なるものとなります。

どのように使いこなすかによって、費用対効果は異なるわけです。



そこで主眼に置くのは、グループウェアを経費削減に利用する目的に絞るということです。

例えば遠隔地にいる社員同士が会議を行える電子会議は、出張費の削減にもつながる役立つ機能となります。

効率がいい教えてgooの情報が更新されています。

そこで併用するのがスケジュールの共有やファイルの共有となります。



まず参加メンバーのスケジュールを共有化によって把握し、会議を行う最適な時間帯などを決めることができるようになります。


また遠隔地にいるメンバーが同じ資料に目を通すために、ファイル共有が活用できます。
さらにそれを操作する様子も共有できることから、必要な手順や作業を確認し合うこともできるようになるわけです。
グループウェアはこのように目的を絞ることによって、いかに利用するかを定めることができるようになります。


例えばメール機能はプロジェクトのこれまでの進捗におけるやり取りのデータが蓄積されているために、その効率化を図るためのヒントや情報が多く残ることになります。エクスポートして分析することによって、これからの業務遂行のマニュアル化にも役立てるものとなります。

しかも参加するメンバー全ての情報を統合することによって初めてわかることもあるものです。

これまで行われることのなかった使用方法をいかに見つけ出すかがポイントとなります。